仮囲い

仮囲いは建築現場や工事現場、資材置場などの防犯や安全を確保するため、工事期間中、敷地境界線に沿って設置される仮の囲いのことをいいます。
作業場、加工場、置場などの区画を明らかにすることで関係者以外を立入禁止にしたり、盗難の防止、さらに区画外へ粉塵が飛散するのを防止するなどの役割があります。

バリケート

簡単移動でコンパクト収納。

展開すると2mに広がり、高さ1mのバリケードが侵入をシャットアウト。
キャスター付きなので移動から展開まで1人で簡単にできコンパクトに収納できます。
開閉自在なので臨時の通行止め、修理や検査時、清掃時などのバリケードに便利にご利用可能です。

フラットパネル

フラットな表面の新しいイメージ。

フラットパネルは凹凸がなく、真っ白なアドフラットホワイトを使用することで工事現場と環境との美しい調和を実現させることが出来る最も美しい仮囲いパネルです。
また、美観のみで無く強度も従来の鋼板と同等に設計されており、表面の金具をなくし外側からはずせない構造を実現したことで、あらゆる機能が従来の鋼板よりも高められています。

施工例

現場での施工イメージ

説明

Page Top